『究極の疲れないカラダ』仲野広倫・著 アチーブメント出版

中高年のためのカラダ作りの本。

全米ナンバーワン

の日本人スポーツカイロプラクター、仲野広倫が書いた。

必要以上に柔軟性を追求するとむしろ怪我のリスクが高まります。

ヨガインストラクターやプロダンサーは、カラダがやわらかすぎる

ために一般の人よりも故障しやすいのです

カラダはどれだけやわらかいか、伸びるかではなく、支える力の不

足や左右差が原因となって壊れることが多く、たとえば、昔と違っ

て最近は足を組んだほうがラクになってきたのであれば、腰まわり

の筋肉が衰えているサイン

傷みのある人は「痛くて運動したくない、できない」となりがちで

す。ただ、どれだけ休んでも回復しません。我慢したり、放置する

ほど悪化します

カラダは8割が筋肉によって支えられていて、2割が骨組みの安定

感により成り立っています。不具合は必ず筋肉の損傷から起こるの

で、ファーストアプローチは筋肉です

20年前まで腰痛は絶対安静と言われていました。これは真っ赤な嘘

で、安静にしていると予後が悪くなるというデータがたくさんあります

背もたれを使わない前屈みの姿勢は腰や股関節まわりの筋肉への負

担が大きい

腰痛もちの人が朝起きて30分以内に前屈のストレッチをしているの

は腰を壊しているようなもの

1時間軽めの有酸素運動を続けるよりも、激しい運動をして少し休

インターバルトレーニングをしたほうが、トータルのカロリー消

費量は多い

運動前のストレッチはパフォーマンスを下げる

筋肉をつけるのに突然ウエイトトレーニングをしてはいけない

→「自宅で地道にスクワットを始める」が正解

糖質制限+ランニング」はやめてもらいたいダイエット

筋肉の回復には炭水化物とたんぱく質の両方を摂取することで効率

よく筋肉のグリコーゲンが回復します。筋肉や肝臓に蓄えられるグ

リコーゲンは運動に必要なエネルギー源で、運動後にたんぱく質

炭水化物を摂れることが、次の運動までの栄養を蓄えるいちばん大

事な鍵です