日本初演30周年記念公演レミゼラブル観劇記

今までレミゼは観てみたいなーという気持ちはあったのですが、

話が重そう、難しそうって思って、観る機会を逃してました。

今回は友達が誘ってくれて、チケットを取ってくれたので行くことに

まず。。。

予習は必須です

有名な話なので知っている人は必要ないですけど、私みたいに

レミゼとあぁ無情って一緒の話だっけー?とぼんやりな感じの人は

なんのサイトでもいいので予習していないと意味が全く分からないかも

フランスの革命の話も絡んでいるので、世界史もしっかり勉強しときゃ良かったって

思いました

とにかく今まで観たどのミュージカルよりも展開が早かった。

一幕終了まで瞬きする暇もない位の勢いで場面展開していきました

最後終わった時には、よくこの壮大なストーリーを約3時間に収めたなって、

演出の人に拍手を送りたい笑

私が観た回のキャストは、

ジャンバルジャンヤンジュンモ

ファンテーヌ知念里奈

エポニーヌ昆夏美

コゼット小南満佑子

マダムテナルディエ鈴木ほのかでした。

知念里奈さん、コゼット役かと思ってたらコゼットの母役でした笑

細いのに声量があって澄んだ声

ソロで歌う夢やぶれてが素晴らしかった

この曲は朋ちゃんが歌うのを見て知ったのですが、私はいつか朋ちゃん

ファンテーヌが観たいな今回観たら重要な役だけど出番が短いから

朋ちゃんもやれると思った朋ちゃんの夢やぶれてほど説得力がある

ものはありません。

話はそれましたが、死んじゃうところでは本当に泣いてて、

私は2階席だったけど涙がキラリと光っているのがよーく見えました

エポニーヌ演じる昆夏美さんは最近美女と野獣の声優をしたので、

実物が観てみたかったエポニーヌも死んじゃうんだけど、死に方が切ない

身体は小さめだけど、昆さんの歌声も本当に綺麗高音が透き通ってる。

マダムテナルディエはモリクミさんの回じゃなくて残念

完全にハマリ役って思っていたから

でも、鈴木ほのかさんはレミゼにずっと出演していてコゼットファンテーヌからの転身

そんな事を微塵も感じさせないほど役にハマっていて、さすが役者

夢やぶれて以外の知っている曲が民衆の歌だったのですが、

キャストが多い分30人以上はいた大合唱で、演奏も生だし、それはそれは

大音量で劇場内に響き渡りましたなんだかパワーがもらえました。

レミゼは台詞も全て音に乗っけてだったので、久にTHEMUSICAL、

ミュージカルの王道を、とてつもなく素晴らしいキャストで観たって感じです

アンコールは3回、最後はスタンディングオベーションで拍手もなかなか鳴りやまなかった。なんか分からないけど泣けてきた

人って?

愛って?

約束って?

まだまだ私の人生で経験してないものや足りないものがあるなって感じました。

もう1回観たいです

公演は8/26土まで。今、チケット見たらほぼ完売ですが、ポツポツと空いている席種もあったのでお時間ある方はぜひ

画像は全て別公演のものでお借りしました